自動給餌器

パウチタイプのキャットフード

キャットフードをは、カリカリのドライフード、缶詰、パウチタイプの3種類があって、この中のどれかを選ぶ事になります。
パウチタイプには様々なメリットがあります。

パウチタイプのキャットフードのメリットは、大抵の場合少量ずつ入っています。
猫は時間が経って風味が飛んでしまったり、鮮度が落ちてしまったりすると餌を食べなくなります。
ドライフードは歯ごたえもよく好んで食べる猫も多いですが、ずっと同じ味だと猫は飽きてしまいます。
こういう時はパウチタイプのキャットフードを混ぜると、喜んで食べてくれます。

パウチタイプは量が少ないから、鮮度が落ちる前の短期間で食べきれるのもメリットです。
ドライフードは最低量でも500g~1kgはありますから、食べきるまでに時間が掛かり猫が飽きてしまう事も多いのですが、こういう時は毎回味を変えてあげられるパウチタイプがあると便利です。

個体差もありますが猫はあまり水をたくさん飲みません。
ドライフードを食べさせていると、水分量が不足しがちになりますが、パウチタイプのキャットフードには水分量が豊富だから水分不足を解消できるのもメリットです。

それぞれに消費期限はありますが、未開封なら数ヶ月は持ちます。
ただし開封後は1日か2日以内に使い切るようにします。